タイ・チェンマイ名物 カオソーイ通販サイト | ごあいさつ

logo.gif

タイの誘惑、カオソーイをご自宅で

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


HOME > ごあいさつ

ごあいさつ

この味を日本で広めたい

店主プロフィール

097.JPG氏名: 舟橋 謙一

年令: 1969年生まれ(岡田先生とは一回りも違います、トホホ。。)
役職: サワディーCar名古屋店長 合資会社ミート代表
出身: 名古屋(みゃ~みゃ~言いませんよ)
特技: 人のやらないこと・食べること・ 祭り事・夢を現実にすること


2002年9月 何かの間違いでタイへ
2003年9月 「岡田先生」とお話しする機会に恵まれる
2003年10月 「マネーの虎」出演挫折
スグに「サワディーCar」による営業依頼
そして承諾
2003年11月 特訓やら準備やら大変でした・・・。
2003年12月 名古屋にて移動販売車「サワディーCar」再始動!!
2007年 カオソーイ通信販売をスタート!

岡田先生との出会い

初のマイレージで上海へ行くつもりが、“ビザ”を取っていなかった為急きょ変更。
成田空港で戸惑う私は、何故か運命の「バンコク」へ
下調べが無かった為、宿もなく心配でしたが“夢の様な9日間”はパラダイスでした。
適当にバスに乗ると中華街に到着、ヤワラーをウロウロしていると人混みが!
日本には在り得ない、“伝説の麺料理”に出会ってしまいました。

 「この味を皆に教えたい」と思い、再度タイへ渡り味を再現しようと思うが挫折。
再々度タイへ渡り、教えを請いましたが、大きく拒否され「マネーの虎」出演を一旦停止。
夢を繋ぐ為、「岡田先生」へ連絡を取りました。
何と嫌な顔一つせず、TVで見たアノままの素晴らしい人柄で手を差し伸べて頂きました。
それがアノ虎達を魅了した「岡田耕児先生」です。


マネーの虎志願前の挫折、そして…

今まで色々なビジネスを立ち上げて来た私ですが、
NYより帰国してから行き詰っていました。
“偶然”を手繰り寄せ、運命は私を導きます。
偶然バンコク中華街で見付けた魅惑の料理。
名古屋で同じ料理を随分探しましたが、何処にもありませんでした。

 車のTVを付けると偶然「マネーの虎」が。
調度番組ので、「移動販売車を使って何かやりませんか」のCM。
この時アノ「伝説の麺料理」を思い出しました。
誰もやっていないなら、私が皆にコノ味を伝えたい!
「マネーの虎」と「伝説の麺料理」が私の頭でリンクしてから、
想いは日毎に強くなり、気が付けばソノ週の内に再度タイを訪れていました。

 しかし志願しようとしたものの、
全く料理の経験のない私には、味を再現する事が出来ませんでした。
後から解る事ですが、料理の技法・食材など全てが日本にある物では無い為、
同じ味を出す事は非常に困難を極めたのです。
オーナーへの修行など直談判も大事な所が“どの様な方法”でも
教えて頂けませんでした。

 挫折気味の私はそれでも何とかしたいと思い、「岡田先生」を思い出したのです。
その頃「サワディーCar」は成功を収め、
次なるステップ「サワディー家」へ転進を計っていました。
お休み中の「サワディーCar」を名古屋で展開したい、その旨をお伝えしました。
そしていつの日か「伝説の麺料理」を日本に提供出来るその夢を、
岡田先生には拾って頂いたと言う経緯です。

 皆さんも、“夢”持ってますか!?
挫折や大きな壁に当たる事もあると思いますが、諦めず頑張ってみて下さい。
私にとって「伝説の麺料理」の再現は相当頑張りましたが、早急には無理な様です。
考えられるあらゆる手を尽くし、それを否定され神に捨てられた気分でした。
でも諦めなければそして行動すれば、拾う神も現れます。
私にとってソレは「岡田耕児先生」と言う“心優しき”
それでいて“熱きハート”の神様でした。

今の私にはドノ神様より、心から感謝しています。

舟橋 謙一

マネー成立が2003年、そこから4年間移動販売車の業界で頑張ってきました。その間、通販用スープの研究を重ね、試食をコレでもかと繰り返し、やっと、本当にやっと、サワディーCarで提供しているのと同じ味が出来上がりました。同業者のみならず様々な方が商品が出来る前から「箱買い!(笑)」とのご注文を何件も頂きました。それほど個性的ながら後引く癖になる味です。ぜひご賞味下さい。

通販担当者プロフィール

サワディー人形012.jpg氏名: 舟橋 陽子

年令: 代表の舟橋と10歳違いで覚えやすいです
出身: 四日市(土鍋大好きです)
趣味: 金継ぎ、料理

***************************************

2004年、初めてカオソーイを食べたときのことを今でも覚えています。
「ん???これは・・・美味しいのか??何の味なんだろう??」
「美味しいような気がするけど、もう一杯食べてみようかな。」
「うん!やっぱり美味しい☆」

今までに食べたことがない味で、美味しいかどうかの判断もつかなかったのです。このころはまだタイ料理も食べたことがありませんでした。

今ではカオソーイ大好き!タイ料理大好き!
食べたことがない料理に挑戦する面白さに目覚めてしまいました。

食べることって、一番手軽に”幸せ”を感じられる行為だと思います。
そして、その幸せを誰かと共有できる幸せ。
新しい味に出会う幸せ。

沢山の幸せを生み出すきっかけを、カオソーイを通じてお伝えしたいと思っています。


森 陽子